やりがいのある仕事の見つけ方

転職

気になる成功率

転職で年収が増えた人の割合は、全体で80%と非常に高い数字です。ただ、年収はそこまで変わらないけどやりたい仕事に就けた人は70%とこちらも多い結果となりました。3人に1人は転職前の不満を解消し、成功しているので年収が下がっても満足度が高いようです。

仕事はこうやって探す

ネットでできる

求人サイトや求人情報と睨めっこしながらの転職活動は、多くの方が経験しているはずです。こういったサイトは、良い仕事が見つかるとすぐにサイト内でエントリーができる等、使い勝手の良さが伺えます。履歴書や職務経歴書もネット上での作成が可能で、それを容認する会社が増えています。富山から都心の仕事を探す時にも助かりますよ。

職業安定所を利用しよう

職業安定所の最大の特徴は、職員と相談を重ねながら仕事探しができる事。また、失業手当の申請や他の手続きと並行して探せるので時間を無駄にしません。富山など地元に特化した求人が多く、比較的採用されやすいですよ。転職を成功させたいなら職業安定所の利用が近道です。

人材紹介会社でキャリアアップ

富山の職場で培った経験を他で生かしたいとなった時、スキルとキャリア、適正等を総合的に考慮してくれる企業を探す必要があります。人材紹介会社は、こうした要望に応える最適な企業を紹介してくれるため、スキルアップのための転職にとても有利です。また、入社前は年収や休み等働きやすい条件を交渉することも可能でお子様がいる女性も気軽に相談できます。

悪い求人を見抜く

思いのほか売り上げ利益が伸びてしまい、規模の大きい成長で会社を支える人材が足りなくなってしまった場合は、円滑な業務ができないうえに残業三昧になる可能性が高くなります。こうした求人を見抜くのも富山で転職を成功させるコツになります。

転職を決めたきっかけ

no.1

人間関係

仕事を継続していく上で重要なのは人間関係です。突然の人事異動で職場内の人間関係がガラリと変われば、モチベーションも下がる一方です。これまで築き上げた人間関係がなくなると精神的に追い込まれる形になります。

no.2

環境が変わってしまった

待遇や勤務時間の変化により、やむを得ず転職を選択する人は沢山いらっしゃいます。例えば、残業の時間が増えたり残業代が出なかったりなど働きづらいと感じると転職を考えるようです。

no.3

給与と評価制度が関与している

もっと評価されたい。給与を沢山もらいたい。と感じたら転職する絶好のチャンスです。頑張りを認められた時はその人のやる気をさらに上げるきっかけになるため、モチベーション維持のために職を変えるという人もいます。

no.4

スキルアップを目指す

今の仕事で経験を積み、次の仕事に活かしたい理由から転職活動をする人もいます。また、前職の経験が転職先で活かせると判断されるため、即採用されるケースもあるでしょう。

no.5

勤続3年以上が経過したから

採用担当者は、忍耐力と継続力があるか等もしっかりみています。逆に、勤続1年目で転職活動をしているとすぐ辞めるというイメージがついてしまうため中々職にありつけません。転職を成功させた人のほとんどは3年以上のキャリアを積んでいます。

相談してよかった

露頭に迷う所でした

社会人一年目で僕がやりたい仕事と会社の業務内容にズレが生じ、思い切って転職をすることにしたんです。まずはサイトで職探しをして、気になる情報をクリップするといった活動を一か月続けてようやくいい求人に出会えました。最近は転職サイトにコンサルタントがついているので書類選考から二次面接まで難楽突破できました。ありがとうございます。

やりたい事が見つかった

今の仕事に就いて2年目という時に、気持ちを揺さぶる求人を発見。ぜひ就職して現場を経験したいと思い転職活動を始めました。年齢も年齢だし、無理なんじゃないかと心が折れそうな時もありましたが、職業安定所の職員が親身になって相談に乗ってくれたのでとても助かりましたね。今では、念願の技術職で修行を積んでいます。あと、年収も増えたので、前より充実した日々を送ることができています。

待遇が悪くて

正直、今の職場は時短も無理だし、子供が熱を出した時も気軽に早退できず辛い事ばかりです。子供を第一に考えるなら、転職しかないなと感じました。すると、子持ちの友達が派遣で働いているらしく待遇も良いとの事。早速面接をして無事採用され、素晴らしい諦愚の中働かせてもらっています。待遇の良い会社って探せばあるもんですね。

スカウト機能が役立った

他の業種も経験してみたいと思い、転職サイトにあるスカウト機能を使ってみました。あと、この転職サイトには業界で活躍する大手企業が多く紹介されており、年収を上げたかった自分は画面に食いつきましたね。情報収集目的でも使えるサイトなので登録だけでも良いかもしれません。面接通過率もいいので、転職を成功させるならサイトを上手く活用することだなとつくづく思いました。

面接トレーニングで合格

大企業への内定を目標にしていたので、トータルサポートをしてくれる転職サイトを利用する事にしました。キャリアアドバイザーが転職活動をサポートするらしく、面接の前には必ずトレーニングをしています。質問の返し方や自己アピールの仕方など、親身になって教えてくれました。何度も練習を重ねたので、本番でしくじる事もなく無事に内定。本当に感謝しています。

人事が教える書類選考突破法

目的がある

書類選考の目的は、企業で最も必要とする人材を選出するためです。ですから採用できそうにない場合は対象外とみなし、応募者から外していきます。また、採用したい人物しか面接をしないためかなり絞り込んでいくのです。

会ってみないと分からない

実際、書類に記載されているものだけでは、人間性やマネージメント能力を探るのはとても難しいです。せっかく応募してくれたのだから、直接会って話をしてみたいと考える採用担当者も多いです。

何故絞り込むのか

人気企業になると、送られてくる書類がとても多くなるため、思ったより時間がかかります。また、多人数の対応ができなくなると、書類審査の時点で人材要件に近い応募者だけにスポットをあてるようです。

職務経歴書の形態は無視できない

経歴によって適切な量を書くのがベスト。また、ボリュームがありすぎたり少なすぎたりしても逆効果になる恐れがあります。ほどよい情報をA4サイズへ上手に収めると印象がパッと良くなります。

効果的は書き方は?

採用担当者は職務経歴の中に失敗談成功談、退職経験が今後どのように反映するのかを見たいと考えます。この場合、編年体の方が様々な情報を詰め込めるため、採用担当者から好まれています。